花嫁をサポートする|女の子らしさを演出したいならミニのキャバドレスを履こう

女の子らしさを演出したいならミニのキャバドレスを履こう

  1. ホーム
  2. 花嫁をサポートする

花嫁をサポートする

女の人

会場が華やかになる

ブライズメイドとは、花嫁のサポートを行う未婚女性のことをさします。欧米から輸入された文化ですが、近年は日本でも流行っています。ブライズメイド発症の欧米では、挙式や披露宴の準備を手伝ったり、当日に介添え人としてサポートを行ったりします。ですが、日本ではそこまでブライズメイドに負担させることはまれで、主に会場を華やかにするという役割を果たします。やってもらうとしても、受付程度が一般的です。ブライズメイドは、お揃いのドレスを着ることが多く、非常に華やかな雰囲気を醸し出します。花嫁との一体感も演出でき、参加するブライズメイドたちも楽しいため人気があります。花嫁としても、会場が華やかになり仲間との絆を感じられるという嬉しさがあります。

ゲストの負担に注意

海外では、プランナーが存在せず挙式、披露宴の手配はすべて新郎新婦が行います。非常に大きな負担のため、その負担を軽減するためブライズメイドという存在が生まれたという説もあります。しかし、日本ではプランナーがほとんどの業務を行います。さらに、ゲストはもてなすものという文化が根強いため、ブライズメイドに多大な負担をさせるのは抵抗があるという人が大半です。そのため、花嫁からブライズメイドを依頼する場合は、かかる費用の一部もしくは全額負担するようにした方が角がたちません。ただ、友人や姉妹から自発的にすると言ってくれた場合には、必ずしもその限りではないのでよく相談して決めましょう。当日行ってもらう業務についても、齟齬がないようにきちんと説明し納得してもらうのが重要です。

このエントリーをはてなブックマークに追加